山崎製パンが下請法違反にあたるとして公正取引委員会から再発防止の勧告を受けました。内容はヤマサキのコンビニで販売する弁当やセット麺などの製品を作っている会社から、無料で配る箸やフォークなどの経費を負担させたといものです。実はこれは昔からの商慣行で大手小売店で常に使っている方法です。特に多いのは量販店です。物流センターをもっている量販店は必ずセンターフィという名目で納品金額の数パーセントを納品業者から値引いています。少ないところで1%~多いところは15%もあります。これはセンター運営費用を納品業者に賄わさせているのです。山崎製パンの例を見るとこれも下請法に引っ掛かります。さらにチラシ協賛金とか、オープンチラシの協賛金など数多くあります。今回この制度にメスを入れたのはよかったと思います。この業界は常に最終販売する小売りが強くて大手ほど数の力で値引きを強要させられます。無理なら取引先を変えるとまで脅されます。下請け業者は取引を停止させられる恐怖におびえています。大手に切られると会社の存亡の危機まであります。社会が潤滑に回る為には製造メーカーから問屋そして小売店とすべてが適正な利益が必要です。その為にも今回の事件だけで終わらせず、現状を調査し改善してもらいたいものです。カードローンで即日借りれるキャッシングのまとめ!今すぐ借りたいあなたへ!
カードローン 即日