使っちゃダメなお金を借りる言い訳

なぜ使っちゃダメなお金を借りるのか?

Month: 4月 2015

貸金業法の総量規制とは

お金を借りるのに、幾らでも借りれるという訳では無く、定まった借入上限金額が制定されており、総量規制と言う貸金業法の規制があるのです。

これは、行き過ぎた貸付を歯止めを掛ける要因もあり、返済しきれないくらいの多重債務を無くす為とも言われています。

この貸金業法の総量規制は、貸金業者が個人への貸付に対しての適応となり、年収の3分の1を超えた貸付は出来ない規制になっています。

その年収と言うのは、ロトや宝くじや、競艇や競馬などで得た大金であっても年収には入りません。

年収は、年金、給与、恩給、事業として行っていない不動産の賃貸収入が定期的な収入などが値します。

この年収の3分の1を超えたものが新規で借入できない規制なので、もしも、手元に借入があって、その既に借入している金額が年収の3分の1になっているのなら、他者での新規借入は出来ない状態になります。

その借入は、賃金業者のみの対象になるので、消費者金融業のカードローンや、クレジットカードのキャッシングなどに対象となります。

これが、保証人に、年収の多い人を何人もつけるからと頼んでみても、あくまで本人の年収に対しての総量規制になるので、年収の3分の1を超えた金額は借入できない状態になります。

しかし、銀行の融資やカードローンは、総量規制の対象外となりますので、たくさん借入したい場合は、総量規制の無い所へ借入すると良いでしょう。

パートアルバイト収入でも借入できる

お金がない時には、助っ人変わりにカードローンやキャッシングなどでお金を借入したいと思うのですが、アルバイトやパートではボーナスも無いし、低収入だし、臨時雇用の様な形態だろうから無理だろうと思う人は多いと思います。

借入はちゃんと正社員しか借りれない、しっかりした定職に付いてないと難しいだろうと、初めからイメージだけで決め付けている人が多いと聞きます。

しかし、パートやアルバイトや派遣社員などでの収入の場合でも、借入できる金融業はたくさんあるのです。

何故ならば、それは申し込み条件が、安定した収入の有る人となっているからです。だから継続して、アルバイトやパートや派遣社員で勤務していれば、申込が可能なラインに入っているのです。

だから借入する時点の、申込の門は開かれています。しかし、アルバイトやパートや派遣社員と言うのは、やっぱり正社員よりボーナスが無い分、低所得なので、借入できる金額は正社員よりは低くなります。

借入には審査があって、審査には通るのですが、借入の限度額が低くなるのです。これは、初めから申し込む際に、正社員は最大限度額は500万までで、アルバイトやパートは、最大限度額は300万までなどと言って、低く設定している企業が多いです。

このように、借入金額は低くはなるでしょうが、借入は可能な金融業は大多数存在しているのです。

じぶん銀行カードローン特徴

じぶん銀行と言う金融機関があります。これは、三菱東京UFJ銀行とauが共同出資のインターネットの銀行なのです。

このじぶん銀行から、便利なカードローンも取扱があります。まずはじぶん銀行で口座を開設していると、とても簡単に借入できるようです。

全てインターネットでの申し込み手続きで完了するので、家に居ながらもパパッと借入が済ませてしまえます。

じぶん銀行のカードローンの特徴は、金利が3.9~17.5パーセントです。即日融資も可能で、限度額が500万円まで可能であり、尚且つ限度額が300万円以下の借入れの場合は、収入証明が不要なのです。

そして、auのユーザーならば、au限定割と言うのがあります。これは、金利が少し安くなるサービスがあるのです。

そしてじぶん銀行の口座があるのなら、本人確認は不要なので、とても簡単な手続きで済むのです。

借入返済は、提携のATMで操作をすれば簡単に利用できて、提携のATMならば24時間365日利用できてATMの手数料も無料で、利用限度額以内の金額ならば、何回も借入可能で、利用の制限はないのです。

気軽であり、便利に活用できる、じぶん銀行は、本当にお得なカードローンだと思います。

大手なら土日祝でも即日審査を行う

日本全国一般的に平日はお仕事をしています。そして土日が休日の日になっていると思います。もしもお金が無い状態になって借入したいと思っても仕事があって、借入作業が出来ないと思います。

出来れば、休日の日にゆっくりと借入作業をしたいと願う人が多数存在すると思います。そんな人が多くいる中で、大手の金融業は土日祝でも申込が出来て、即日審査も行っているところがあるのです。

それは、色々な方法があります。例えば、土日祝日であってもインターネットに置いて、24時間好きな時に申込みだけは済ませて置いて、出来る時間帯に審査を行い、審査が通れば、振込みしてもらったり、無人の機械でカードを受け取ったりして提携ATMで借入をして即日に融資が可能になるのです。

例えば銀行系カードローンの場合はバンクイックの企業や新生銀行レイクなどが可能であり、消費者金融業ならばプロミスが可能だと有名です。

土日祝日であっても、21時辺りまで審査が受けれるのでとても便利に思います。しかしそれらは、店舗が開いていないので、インターネットのWEB申込が必要になる事でしょう。

平日は仕事があって、余分なお金がそれ程必要で無い場合が多いですが、休日はお出かけなどしてお金がたくさん居る時が多いと思いますので、そんな時にこそ必要なお金を即日で融資して貰えるようにカードローンを利用できるのはとても便利な事だと思います。

専業主婦がお金を借りる事が出来る

家庭内に置いて、お金が足りないと工面に走るのは、専業主婦の人が多いでしょう。専業主婦はお金の管理をしていて、細かく大変なお金の計算をしているのです。

そんな専業主婦はお金が足りないと言っても、パートやアルバイトや内職などもしていないのであれば、収入が無いので、金融企業からの信用は無いでしょう。

しかし、そんな専業主婦であってもお金を借りる事が出来る金融企業が多くあるようなのです。

それは、銀行系カードローンなら専業主婦がお金を借りる事が出来ます。それは、配偶者が安定している収入があるのなら大丈夫なのです。

そんな申込は、申し込む銀行により、銀行の口座を持っている事が条件であったり、銀行の口座が無くても申込が出来る場合もあります。

銀行系のカードローンは賃金業法の規制に掛からないので、借りる人に収入が無くても貸し出しが可能なのです。しかも銀行系は金利も低いのでお得に借りる事が出来ます。

安定した企業の銀行で専業主婦がお金を借りる事ができるのは、安心であると思います。しかし借入出来る利用限度額はそんなに多くは借りれません。

銀行の企業によって差はありますが、10万円まで、50万円までなど、さまざまあります。