お金を借りるのに、幾らでも借りれるという訳では無く、定まった借入上限金額が制定されており、総量規制と言う貸金業法の規制があるのです。

これは、行き過ぎた貸付を歯止めを掛ける要因もあり、返済しきれないくらいの多重債務を無くす為とも言われています。

この貸金業法の総量規制は、貸金業者が個人への貸付に対しての適応となり、年収の3分の1を超えた貸付は出来ない規制になっています。

その年収と言うのは、ロトや宝くじや、競艇や競馬などで得た大金であっても年収には入りません。

年収は、年金、給与、恩給、事業として行っていない不動産の賃貸収入が定期的な収入などが値します。

この年収の3分の1を超えたものが新規で借入できない規制なので、もしも、手元に借入があって、その既に借入している金額が年収の3分の1になっているのなら、他者での新規借入は出来ない状態になります。

その借入は、賃金業者のみの対象になるので、消費者金融業のカードローンや、クレジットカードのキャッシングなどに対象となります。

これが、保証人に、年収の多い人を何人もつけるからと頼んでみても、あくまで本人の年収に対しての総量規制になるので、年収の3分の1を超えた金額は借入できない状態になります。

しかし、銀行の融資やカードローンは、総量規制の対象外となりますので、たくさん借入したい場合は、総量規制の無い所へ借入すると良いでしょう。